読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綾瀬はるかになると宣言してから

考えごと
何年か前、綾瀬はるかが紅白の司会をやった。
その年の紅白で一番印象的だったのは、とにかく綾瀬はるかがかわいいってことっだった。
紅白の前半戦が終わった時間帯頃だったかな?
東日本大震災の応援歌である「花は咲く」を赤組と白組、そして綾瀬はるかで歌う企画があった。
歌が始まる前に綾瀬はるかがコメントを言ったんだけど、感極まって泣いちゃったんだよね。
歌い始めてからも声が震えてて、かつ目を真っ赤にして歌っていた。
それだけでも可愛いんだけど、声も透き通るような声でさ。
最後の歌詞、いつか恋する君のためにって歌い終わったあとの笑顔がまた可愛かったんだよ。
てへ、泣いちゃった、てへ、みたいな。子供のような、汚いものとか何も見たことないんだろうなって思わせるようなそんな笑い方だった。

その年の紅白は私は友達と2人で見てたんだけど、その一連の綾瀬はるかを見て思わず私は泣きながら「よし決めたわたし来年は綾瀬はるかになるわ」って宣言した。
そしたら「あんたそれ前も言ってたけど」って突っ込まれた。
どうやら私は前にも綾瀬はるかになるって決意したらしい。すっかり忘れていた。
忘れていただけあって、一向に綾瀬はるかに近づいていない。
宣言したときは綾瀬はるかになるぞって気持ちでいっぱいなんだけど忘れてしまうのは、
心のどこかでどうせ綾瀬はるかにはなれないってわかってるからだろうか・・
あとは普通にどうやったら綾瀬はるかに近づけるか皆目見当がつかないんだな・・

今年は心を改め木村文乃になろうと思ったんだけど、
それもここ2ヶ月でその気合がすっかりなくなってしまったのでもう少しハードルを下げることにした。
ということでハードルを下げた私の2016年の目標は「潤いのある女になる」です。
具体的にどういうことかについては以下箇条書きにて。

・髪に潤いを与える 
→今日モロッカンオイルを手に入れ早速使った。早くも潤いを手に入れつつある

・肌に潤いを与える
→オイルとか美容液とか季節にあった化粧品を使う メイク直しという術も身につけたいけどまずはちゃんと化粧をしてから出社する術を身につけなければならない(最近は目だけ化粧してその他はマスクで覆っている)

・目に潤いを与える
→最近乾燥で目が血走っているので目薬を指す。

・心に潤いを与える
→毎日何かしらジャニーズを観る。もしくはBのLを読む。

・身体に潤いを与える
→水を飲む。あと運動する。あと適度にリラクゼーションに通う


潤いのある女になるということは綾瀬はるかに一歩近づくということだ。
まだ諦めちゃいないぞ。

















有り余る

日常
仕事が暇→早く帰る→プライベート時間の充実
という生活が4月からほぼずっと続いております。
なんですが、プライベート時間がなんせありすぎるので、
まあいつでもなんでも出来るなと思ってしまいただひたすらダラダラ過ごしてきました今まで・・

しかし最近ダラダラすることに飽きてきたのと、
ヨガをやって以来身体を動かしたくてたまらん気持ちになったので、
まず家の片付けをし始めることにしました。
昨日は食器棚の中と、あと洗面台周りを整理して、
今日はリビングの模様替えをしました。
今までは机とか、意味もなく置いてたんだけど今回は使い勝手を考えて家具を配置してみた。
景色も違うし使い勝手もいいしで勉強する気が起きてきた・・
まあ気がしているだけだけど・・。
あととにかく机と椅子を用意しても今の季節はこたつからとにかく動くことができないという・・
でも身体と頭動かして楽しかった。部屋が綺麗になるのも気分がいいしな!!
明日はよもぎ蒸しじゃああああああああああはよ蒸されたい。
ではお風呂に入って参る。











雑事

考えごと
文章うまくなりたい。
それには一にも二にもまず書くことかなと思うので、
書くことなくても満足できなくってもう嫌だと思ってもとにかく書いていこうと思う。
東村アキコの漫画にもあったしね。
描きたいものがあるから描くんじゃなくて、とにかく描くことが大事だと。
私もまず書くことから始める。正確にはキーボードを打ってるけども。

・仕事は相変わらず。
ミーティングを利用して、何かお手伝いできることがあればやりますとお伝えしたのが先週。
予想はしていましたが、特になにも言われなかった。
なにもお手伝いできることがないのであればじゃあ帰りますよ、と存分に開きなおって帰ってます。
いや開き直れていたのは先週中か・・
今週になるとちょっとリセットされてしまい気まずさは増したよね。
でも今日例の人の後ろ通った時、あきらかに暇だからやってるんだろうなって仕事してたのね。
だから・・やっぱりやることないんだろうし帰るの責められても困りますねえ!!
しかし先週は自分で仕事をつくるしかないなあと思い色々頑張ってみたけどそれも普通に終わるよね・・あと最近やたらと眠くて全然集中できない。大問題。生理が終わればマシになるだろうか。

・女の何割が彼氏ができたら友達はなおざりにしがちになるのか。
友達に彼氏ができた。前の彼氏と別れたのが1〜2年前なので久しぶりの彼氏ということになる。
私自身が遠距離恋愛であること、友人が少ないことからここ半年はその子とばっかり遊んでいたのだが、その子に彼氏ができて以来まっったく遊ばなくなった。
誘いもこないし、先の休みの日までずっと彼氏との予定があるのでこちらから誘えもしない。
すごくかなしかった。私はやっぱり彼氏の代わりでしかなかったんだと思い知ったんだよな。

彼氏は彼氏、友達は友達。
もちろん線引きはあるんだろうけど、きっとその子が求めているものの大多数は彼氏で満たせるのだろうなと思う。
自分の必要をどうやって満たすかなんて人それぞれだからそれについてどうこう言ったって仕方ないんだけれどでも哀しいと思ってしまう。





































反省

お仕事
つい先日、仕事で失敗した。
いや仕事で失敗というより、ビジネスマナー的な感じかもしれん。
だって顧客に迷惑がかかったわけでもないし、
正直同じ課の人にそこまで迷惑かけるようなものではなかった。(周りの人に言われた)
しかし、私の行動が男版お局の逆鱗に触れ私は叱られた。
そして私は初めて職場で号泣したのだった。つい先週のことである。

いま振り返ってみても、泣くほどの、しかも号泣するほどのことではない。
ただ、最悪なことにその日は10連勤目だったのだ。
多分自分でも無自覚に、精神的にも肉体的にも疲れていた。
一度泣き始めると止まらず、どんなことでも泣けてきたので結局トータル2時間くらいは泣いていた。
そして涙が収まり冷静になんで怒られたか振り返ってみたら、今度は怒りが湧いてきた。
私が怒られたのはそもそもおめーーーーらが何にもちゃんと教育しねえからだろ職場の常識なんか教わってもないんだから教わってもないものを勝手になんでできないんだって言われても知らねえよばかやろうインフルエンザになれくそやろう

とか思ってたのですが、さらに冷静になるとこれは私にも非があったことに気づく。
社会人になるにあたり、私はなーんにも準備をしてこなかったのです。
自分で能動的に社会人になろうとせず、教えてください〜精神でいままできてしまった。
仕事にやる気がなかったもので、そんなことに時間を割きたくないというか、
いや、最早そんなこと思いつきもしなかったのである。やる気のなさってこわい。
でも今の職場はほんっっとうに社会人のいろはについてなんっっっにも教えてくれないし、
何にも教えてくれないけどなんでできないのって言われるところなんだなと、
今回の事件をもって思い知ったので今後身を守るためにもビジネスマナーの基礎本でも読んでおこう・・と思い直していた矢先、全然私思い直してないなと思う出来事が今日ありました。
1回失敗したくらいじゃ学ばないんだな私は・・
あとは自分にも非があると思いつつもやっぱり結構人のせいにしているといころがあるので反省たり得ていないのではないかなと思います。

こういうことを二度とせぬように、昨日今まで注意されたことを思い出せる限りでまとめようと思っていたのだが結局今日できなかった。
明日・・いや明日明後日のうちに絶対やるぞ。























今後考えていきたいこと

考えごと
私が好きなアイドルについて
女性アイドル編と男性アイドル編
共通点は、逆に差異は

いいともの終わりとSMAP解散報道について

自分が好きだったものもしくは好きなもの
なぜ好きだったのかということ


些細なこと

お仕事
些細なことでも書き残しておこうと思う。
自分がその時何考えてたかなって思い出そうとする時、
それは結局 いま の自分が解釈する過去の自分だ。
だから、その時自分何をどういう風に考えていたか、
それは いまこのとき しか分かり得ないことだと思うので、
記録できるときはちゃんときちんと書き残しておきたい。

最近、仕事が暇であることに飽きてきたのと、暇であることが苦痛でたまらなくなった。
しかし仕事をもらおうにも、なかなかいい出せぬ状況。
このままだと腐っていく、スキルもなにも本当になにもたまらないなと焦り始めた。
ということで、自分で仕事をつくることにした。最初からこうすればよかったのだ。
とはいえ、なにもないところから仕事を作り出すことはなかなか難しかったので、
今までやってきたことを改めて見直してみること、同業者は今の時期なにをしているのか意識してみた。
ら、これが結構よかった。
まだこれやってないな〜とか、来年はこういう風にしたいな〜とか、
そういうことを考えていくのは楽しい。
で、そうやって考えたことを上に相談して作成の許可とってつくってみたものがあるんだけど、
それを褒められた。私があんまり好きじゃないむしろきらいな人に。
でも、そんな人からでも褒められれば嬉しい。
私に優しくしてくれている隣のおねえさまも、よかったね、って顔をしてくれてこれがまた嬉しかった。頑張りを認めてくれる人がいて、認められたことを喜んでくれる人がいる。
これは結構嬉しいことなんだな。ちなみにいま打ちながら泣いている。
ルナルナによると生理が今日なのでホルモンバランス的に今日は最大に情緒不安定なのである。

褒められるために仕事をしたわけではないし、
それをモチベーションに仕事すると落ち込むことも多そうなのであまり意識しないようにしよう・・。
でも褒められると嬉しいしやる気につながることは間違いないので、
私が上司という立場に置かれた時は、部下がいい働きしたらちゃんと褒めてあげようと思う。















仕事のこと

4月からようやく社会人になった。
大学院浪人した後大学院に行ったので同学年よりも2年遅れてのスタートだった。
今月で社会人になって9ヶ月目ということで、本当に時の流れが早すぎてびびっているというかなんというか。とにもかくにも、最近ようやく社会人になってきたなと思う。

最初の何ヶ月かはいわゆる新人扱いというか、最早お客さん扱いだった。
よく入ってきてくれたね〜なんでも聞いてね〜みたいな。
私は自分から何かすることを求められていたわけではないし、
上から降ってきたことを淡々とこなせばそれで許されていたのでものすごい楽だった。
仕事は楽だったし18時前には家にかえれるし学生時代よりお金はあるしで社会人サイコーと思えていた。最早この時が人生で一番楽しいのでは??と思っていた。
この時にもどりたい。

新人であることが許されないと思うようになったのはいつだったからか。今となっては思い出せない。
わからないことをわからないと言えぬ状況というかなんというか。
上司たちが私を育てる気がないんだなと、自分で勝手に学んでくれという、そういう雰囲気を出しているように感じたからかな・・
あとは私がこいつらに聞いてもしょうがないんじゃないのかと思ったことと相乗効果なのかな
上司たちは私を育てる気がないし私はこいつらはダメだとレッテルを貼った
この2つが私に新人であることを許さなくした。と今振り返ってみて思う。

とはいえ、わからないことはわからないので、
というか教わっていなかったのでこの間ミスをしてしまった。
勤務時間を迎えてすぐの頃、ふとこたつの電源を切ったか気になってしまったのだ。
まあ付けっ放しにしたことも何度かあるので大丈夫だろうとは思ったが、
ただ懸念だったのはクッションがこたつの内部に入っていることだった。
アパートが燃えたらどうしよう全アパート住民になんかしらのお金を払わなければならないのか、
そんなの嫌だつらいむりお金失いたくない
と思った私は外出することを決意。

ここまで書いて気力がなくなる。
多分もううまくかけない自分の書きたいことが書けないと思ったので退散

とりあえず今後人に話したいことをまとめる
・自分ではもうどうにもできないことに対し、どうしようもないとあきらめているはずなのになんだかもやもやする
・結局のところ自分を信じることって難しくねっていうこと
・彼氏ができ私を構ってくれなくなった友人に対する憤りがあったがまあ優先順位の問題であることと、あと当たり前だけど人と自分の価値基準が違うってことがわかるんだけど納得ができない